“解決済み”主張の「小室圭さん」 母・佳代さんの「天皇陛下」謁見要求に宮内庁あぜん

社会週刊新潮 2019年1月31日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

〈解決済みの事柄であると理解してまいりました〉〈ご理解を得ることができるよう努めたいと考えております〉。1月22日にマスコミ各社に送ったファックスで、小室圭さん(27)は母・佳代さんの金銭トラブルについて“解決済み”であると主張した。当事者である佳代さんの元婚約者は、早々にメディアに応え、これを否定。しかも、小室母子の驚きの行動は、これだけではなかった。

 ***

 佳代さんの金銭問題が発覚したのは、一昨年末のことだった。小室さんの入学金などに充てられた約430万円の返済を求める佳代さんの元婚約者に対し、小室さん側は贈与と主張。これを原因に圭さんと眞子さまの結婚に関する行事が延期となり、秋篠宮さまは昨年11月30日のお誕生日に先立って行われた会見で、

〈(小室さん側が)それ相応の対応をするべきだと思います。(そうでなければ)婚約にあたる納采の儀は行えません〉

 と強い文言で“最後通牒”を突き付けたのだ。これらを経て圭さんの文書は発表されたわけだが、秋篠宮さまが求めておられる説明とは、程遠い。

「実は、殿下の会見以降、佳代さんが宮内庁に直接連絡をしてきて『両陛下にお会いして、お話をさせて頂けませんか』などといった要請をしているのです」

 こう打ち明けるのはさる宮内庁関係者である。本来、“お話”をする相手は、秋篠宮ご夫妻であるはずだが、

「先の会見での厳しいご批判もあり“両殿下では埒が明かない”と踏んだのでしょうか、現在では、もっぱら千代田のオク(両陛下のご身辺のお世話をする職員)と接触を図ろうとしているのが、ありありと見て取れます」

 結婚相手のご両親を差し置き、祖父母に直談判。一般社会においても常識を疑うケースであり、まして両陛下への“面会要請”とは……。1月24日発売の週刊新潮では、佳代さんが画策する直訴と併せ、“結婚問題”を詳しく報じる。