「羽生無冠」で乱世になった将棋界 “コンピューター棋士”第3世代が台頭の是非

ライフ週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 初夢は、その年の吉凶を占うもの。多くの棋士にとって、今年のそれはどちらに振れたのだろうか。覇者・羽生善治(48)が無冠となり、「乱世」に突入した将棋界。その背景にはある“地殻変動”があるが、新しい時代の棋界にとって、これは吉兆か、それとも……。

 ***...

記事全文を読む