「いきなり!ステーキ」と「焼肉ライク」が“代理戦争” その戦場は「幸楽苑」

ビジネス 企業・業界 2019年1月15日掲載

  • ブックマーク

安くて旨い牛肉は、どっち?

 デイリー新潮は2018年10月、「『いきなり!ステーキ』は戦々恐々? 『牛角』創業者が“1人焼肉専門店”で殴り込み」という記事を掲載した。

 ***

「いきなり!ステーキ」に説明の必要はないだろう。もう一方の“1人焼肉専門店”は「焼肉ライク」という飲食店チェーンだ。

 両社とも肉、特に牛肉の“価格破壊”を行っていることで知られる。では、双方が最大のセールスポイントとする価格を見てみよう。低価格帯と高価格帯で比較する表を作ってみた。

 低価格帯は、「いきなり!ステーキ」の場合、ランチの「CABワイルドステーキ」なら牛肉300グラムにライスとサラダとスープが付いて1390円になる。

 これに対して「焼肉ライク」は、「うす切りカルビセット(タレ)」の300グラムだと、ごはん、キムチ、スープが付いて1190円だ。

 互角と見るか、どちらかを割安と判断するか、意見は分かれるかもしれない。だが表にあるように、「焼肉ライク」は牛肉にこだわらなければ、「豚トロ【タレ】&ホルモン【味噌だれ】セット」というメニューがある。200グラム960円、100グラムに至っては660円と、牛丼に近い価格帯になっている。

 高価格帯となると、両者の違いは際立つ。「いきなり!ステーキ」で最も高額な「本格熟成国産牛サーロインステーキ」と「本格熟成国産牛リブロースステーキ」は共にグラム12円。300グラムでは3600円になる。

 焼肉ライクのほうは、大盤振る舞いをしても3600円分を食べるのは大変だ。最高額のセットメニューは「牛タン【ネギ塩レモン】&和牛上カルビ【塩】セット」の200グラムで1960円。カスタムメニューで100グラム980円の和牛上カルビを追加しても2940円にしかならない。

次ページ:幸楽苑を“土俵”に両社が激突

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]