「歯列矯正」を頑なに拒んだフレディ・マーキュリー “特別な理由”を歯科医師が解説

エンタメ2019年1月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 世界的な人気バンドQUEEN(クイーン)のボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしている。歌手として大成したフレディだが、口元に特徴がある。いわゆる出っ歯なのだ。なぜ、フレディは歯列矯正をしなかったのか。

 ***

 幼い頃から歯並びの悪さをからかわれ、フレディもそれをコンプレックスに思っていたそうだが、同作でもそれに侮蔑的に触れられる場面が何度も登場する。だが、フレディは、歯列矯正をするべきだというアドバイスには頑として拒んできた。...

記事全文を読む