日テレ「生田家の朝」がまさかの大成功、「速水もこみち」はリストラされるのか

エンタメ 芸能 2019年1月3日掲載

  • ブックマーク

視聴率はNHK朝ドラの半分でも“成功”のワケ

 日テレが開局65周年を記念して立ち上げたドラマプロジェクトから誕生した「期間限定のショートドラマ」といえば、12月10日からスタートした朝ドラ「生田家の朝」(月~金:7時50分頃)である。

 ***

 当初は、「NHKのパクリ」と批判されたものの、いやいやどうして、しっかり視聴率を獲得しているという。

 とはいえ、本家本元の「まんぷく」(NHK総合:月~土・8時~8時15分)の視聴率は21.5%。

 ビデオリサーチ「12月10日〜12月16日」の結果で、関東地区の数字だ。これほどの数字となると、「ドラマ視聴率ベスト10」の第1位となる。

 一方の「生田家の朝」は、そんなレベルではない。だが、日テレ社内では高い評価を得ているという。これは一体、どういうことか。

 謎を解く鍵になるのはマイナビニュースが12月23日に報じた「日テレ朝ドラ『生田家の朝』瞬間11.0%記録 あばれる君が24日登場」だ。

 この記事で、18日に放送された「生田家の朝」は毎分最高視聴率で11%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録したとある。

 そして、「生田家の朝」は、情報番組「ZIP!」(月〜金・午前5時50分〜8時)の中で放送されている。「ZIP!」の平均視聴率は7.9%(同)。これが意味するところを、日本テレビの関係者に読み解いてもらおう。

「『生田家の朝』は、企画と主題歌が福山雅治(49)、脚本をバカリズム(43)、主演がユースケ・サンタマリア(47)と尾野真千子(37)という気合いの入ったキャスティングです。初回は濃厚なキスシーンに批判の声が上がったりもしましたが、順調に視聴率を上げています。そこで、日テレは4月以降のレギュラー化を本格的に検討し始めました」

 視聴率11%のドラマが高く評価された理由。答えを先に言えば、「ZIP!」のテコ入れに成功したからだ。

「『ZIP!』の毎分視聴率を見ると、近年は7時50分から徐々に下がっていました。ところが『生田家の朝』が始まると、右肩上がりに変わりました。朝の番組は特に、視聴者は習慣で番組を見ます。視聴率の変動は少ないのが普通です。ところが『生田家の朝』は『ZIP!』の平均視聴率を上げただけでなく、午前8時から始まる『スッキリ』の序盤視聴率も上げたんです」(同・関係者)

 となると、新たな疑問が浮かぶ。連ドラを開始する前、午前7時50分からの視聴率を下げていた「ZIP!」のコーナーとは一体、何だったのだろうか?

「答えは『MOCO’Sキッチン』です。根強いファンのいるコーナーであることは間違いありません。『生田家の朝』が始まったことで休止扱いになった時も、『告知がなかった』という怒りの声がネット上を賑わせたほどです」(同・関係者)

次ページ:立ちはだかる「研音」の壁

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]