速水もこみち、プロデュースする料理商品の売上げは5億円!

芸能週刊新潮 2016年6月23日号掲載

 副業、二刀流、いやいや、もはや天職なのだろうか。

 かれこれ11年前、仲間由紀恵の「ごくせん」の生徒役で人気者となった、速水もこみち(31)が、ついに自らキッチン用品のブランドをプロデュース。その名も、「MOCOMICHI HAYAMI」と意気込む。

 料理をする姿でもいまや主婦層のココロをつかむ彼が、日頃愛用しているドイツ・ヘンケルスの包丁、アメリカ・ビタクラフトのフライパン、日本・富士ホーローのホーロー用品など、一通りが揃うという仕掛けだ。

「タレントが衣服や装身具とコラボすることはありますが、これは本格的。

...

記事全文を読む