平成最後のお正月に「10億円福袋」はいかが ロイヤル社長語る“中身”

社会週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 必ず値段以上の物が入っていてお得な福袋。“昭和64年”には、三越百貨店がピカソとルノワールの絵画2点セットで5億円の福袋を売ったことも。だが、値段だけなら、こちらも負けてはいない。新宿にある「ブランド王ロイヤル」は、新年1月2日の初売りで“日本一高額”を謳った10億円福袋を売り出すという。...

記事全文を読む