「年俸10億円は当然」カルロス・ゴーンに「品格」はあるか――藤原正彦『国家の品格』が投げかけるもの

企業・業界2018年11月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

ゴーン氏逮捕の衝撃

 日産のカルロス・ゴーン会長逮捕は今年最大の経済関連ニュースとなった。ゴーン氏が犯罪と関係なく、正規に受け取っていた年俸ですら、多くの日本人にとって違和感があったのは言うまでもない。年俸10億円は、日産が長年協力していた「24時間テレビ」における累計の「日産圏の募金総額」約7億1千万円を大きく上回るのである。
 こうした違和感に対して、従来、ゴーン氏はグローバル企業の経営者の年俸と比べて、決して高くないと強調してきた。実際に、そうした比較をすれば、ゴーン氏の主張は論理的に見える。...

記事全文を読む