「花田優一」が正式に離婚 元妻を激怒させた「ナゾの美女」と「おしゃれイズム」

芸能2018年12月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

全く帰宅しない夫

 元貴乃花親方(46)と、その元妻の河野景子さん(54)の長男、花田優一氏(23)が正式に離婚したことが、関係者の取材で12月11日に分かった。

***

 そもそも結婚が発表されたのは17年10月。花田氏がパーソナリティを務める「花田優一 First Step」(TBSラジオ:日曜・午後7時~午後7時15分)で、「実は結婚したんです、自分」と明かした。

 番組で花田氏は新妻を「一般人」と形容し、多くを語らなかった。だが、その年の4月に「女性セブン」(小学館)が八角部屋に所属する陣幕親方(元前頭・富士乃真(58))の長女と交際していることを報じていた。多くのメディアが独自取材などを行い、結婚相手が彼女であることが判明した。

 もっとも、夫婦関係が破綻に向かうのは早かった。週刊新潮が「『河野景子』に男の影を疑った『貴乃花』へ長男からも『離婚報告』」(18年12月6日号)と報じたのだ。

 この記事で「夫婦の間ではもう合意は出来ていて、後は離婚届を出すだけ、という段階になっています」と関係者が証言していた。新妻はミスコン出場歴を持つ才媛。美男美女の夫婦に一体、何があったのか――。

「離婚寸前という報道では、少なからぬメディアが『花田優一さんはマザコン』という論調で報じていました。それは決して間違いではありませんが、比重としては優一さんの女性関係が圧倒的だと思います。結婚当初から、奥さんは『優一さんには他に女性がいる』と疑っていました。女性の影がちらついていたからです」(相撲関係者)

 その予感は最悪なことに的中してしまう。写真週刊誌「FRIDAY」が今年9月14日号に「花田優一 板野友美似 ナゾの美女と深夜の密会」との記事を掲載したのだ。

 だが、それは先の話だ。時計を元に戻すと、上記のような理由から、結婚当初は悪い予感に悩まされていた。だが新妻は一度、気持ちを切り替える。まずは夫を信じようと決めたという。

次ページ:「テレビ出てる場合じゃないだろ」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]