レバノン17億円豪邸、再婚妻とのNY宅、宮殿結婚パーティー… 「カルロス・ゴーン」疑惑のカネ

企業・業界週刊新潮 2018年12月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長(64)が逮捕された騒動では、各国に疑惑の豪邸を構えていたことが暴露された。中でも自身のルーツ・レバノンはさすがというべきか。改修費込みで17億円もの大金が注がれたといわれる。

 かつて地中海貿易で栄え、中東のパリと称された首都ベイルートにその邸宅は建つ。だが、ゴーン少年がフランスの高等教育機関に入学した後に内戦が勃発。国土は荒廃し、最新のIMF名目GDPランキングでは、世界193カ国中80位の地位に甘んじているのだ。...

記事全文を読む