「カルロス・ゴーン」牢獄生活は5年? 守護神に“掟破りの弁護士”

企業・業界週刊新潮 2018年12月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 東京拘置所に勾留されている日産自動車のカルロス・ゴーン前会長(64)のムショ暮らしは長くなりそうだ。逮捕容疑は、2010年度から14年度の5年間の役員報酬が約100億円だったにもかかわらず、その半分の約50億円しかなかったと、有価証券報告書に虚偽の記載をしたというもの。だが、東京地検特捜部が狙う本丸は「特別背任罪」であるという。...

記事全文を読む