日産「ゴーン逮捕」で「大いなる後退」を憂う

ビジネスForesight 2018年11月21日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 あの時の覚悟を、我々はこんな形で終わらせてしまうのだろうか。

 11月19日、日産自動車の会長、カルロス・ゴーンが有価証券報告書虚偽記載の疑いなどで東京地検特捜部に逮捕された。どういう経緯でこんなことが起きたのかは検察の捜査結果を待つしかないが、ゴーンが表舞台に戻ることは2度とない。それとともに、彼が日本の企業社会に持ち込んだものすべてが消えてしまうのかもしれない。それは日本経済にとって「大いなる後退」になる。

ただならぬオーラ

 1999年5月末、私はパリの日航ホテルに向かっていた。...

記事全文を読む