このままでは再犯します――「お姫様抱っこ監禁事件」男の訴え 未解明に終わった性犯罪の“原因”

社会週刊新潮 2018年11月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

余罪300件の性犯罪者が告白した「私はきっと再犯する」――黒川祥子(2/2)

 意識を失った女性をアパートに運び込む「お姫様抱っこ監禁事件」で起訴されたのは、強姦やわいせつ略取などの被害者9名についてである。だが、事件を起こした栗田良文(36)は“余罪は300件以上”と供述し、「きっと再犯します」と語るのだ。拘置所で栗田との面会を重ねたノンフィクション・ライターの黒川祥子氏が、その内面に迫った。

 一連の犯行でターゲットとなったのは髪の長い女性だった。施設で育った栗田は、5歳で川上家(仮名)に引き取られることとなったが、髪に対する異様な執着は当時から見せていた。...

記事全文を読む