生誕90年「手塚治虫」秘話――“マンガの神様”が号泣した日

エンタメ 文芸・マンガ 2018年11月20日掲載

  • ブックマーク

 今年11月3日は、「手塚治虫」生誕90年の節目だった。今や日本を代表する文化となった「マンガ」の神様として知られる手塚には、極めて人間臭い素顔があった。没後20年にあたる2009年、週刊新潮ではノンフィクション・ライターの福田ますみ氏による「神様」の実像に迫る以下の記事を掲載した。データは09年2月19日号当時のものである。

 ***

 日本マンガ界の巨星、手塚治虫が胃がんのため死去したのは平成元(1989)年2月9日のことである。手塚を師と仰ぐ藤子不二雄(A)(安孫子素雄)は、その数日前、手塚の夫人から、「もう危ないので」と連絡を受け、入院先の東京・半蔵門病院に駆けつけた。

「その時、先生はほとんど意識がなかったのに、手を挙げて、しきりに空中に円を描くようなしぐさをするんです。先生の真円と言ったら有名でね。ペン一本で正確な円を一瞬にして描く。僕や赤塚(不二夫)はどうしてもゆがんでしまって、先生以外では石ノ森(章太郎)ぐらいしか描けなかった」

 富山県高岡市のマンガ少年だった安孫子は、昭和22(1947)年、ローマ字で『SHINTAKARAJIMA』(新宝島)と題された手塚のマンガを読んだ時の衝撃が忘れられない。

「主人公の少年がスポーツカーを駆って港まで走っていくオープニングシーンにびっくりした。今までそんなマンガを見たことなかったからですよ。まるで僕自身がスポーツカーに乗って疾走するようなスピード感、躍動感を覚えた。絵が動いている! これは、紙の上に描かれた映画だ! とわくわくしながら読み進めたものです。おそらく手塚先生のこの作品を読まなければ、僕はマンガ家になっていなかったでしょう」

 それまでの、絵柄もストーリーも単調なマンガにしか触れていなかった読者にとって、手塚の出現はまさに革命的だった。「鉄腕アトム」のコミックス、「火の鳥」の連載や別冊を手掛けた元朝日ソノラマの松岡博治(メディアファクトリー執行役員)は手塚の功績をこう語る。

「ずばり、映画を見るように読めるマンガを考案したことです。セリフではなく、大胆なコマの展開によって時間の経過や心理の変化を表現する、クローズアップやロングショットを効果的に使い、『ガーン!』など擬態語の書き文字でマンガに音を与えた。また、吹き出しが今の形になったのも、勢いを増す『集中線』も走った後の『流線』も、先生が編み出したものです」

 ストーリーテラーとしても非凡だった。

「ヒューマニズムとともに悲劇的な要素を、ニヒリズムの一方で生命の賛歌を、さらには人間の愚行や文明への懐疑、エロティシズムやグロテスクな素材までも持ち込んだのです」(『アーチストになるな 手塚治虫』の著者で同志杜大学社会学部教授の竹内オサム)

 天才性を物語るエピソードは枚挙にいとまがない。

「先生はたとえば、『鉄腕アトム』の原稿を描きながら『リボンの騎士』のネーム取りの口述をする。ネーム取りというのは、吹き出しとセリフ(ネーム)を画用紙に描いていくことですが、先生はこれを他の仕事と同時進行でやる。『1ぺージ目、4段に分ける』『1段目、均等に3等分する』、それに『1コマ目、右上にゴチックで“しまった”。改行、“ドアが壊れた”。改行、“らしいぞ”』。こんな感じで編集者にしゃべるんですよ。手塚先生以外、誰にもできない芸当です」(講談社「少女クラブ」元編集長・丸山昭)

 手塚がアメリカに滞在した時、国際電話でアシスタントにアトムの絵を描かせた話はもはや伝説的だ。

「方眼紙のX軸とY軸の数字を言って、そこに点を打たせる。『5―8と6―7に点を打ってくれ』という具合に。その点を全部結ぶとアトムの絵が出来上がる。ところがもっと驚いたのは、もとの絵がなかったことです。どうやら先生の頭の中には、アトムのどの部分が紙のどの場所に来れば絵が出来上がるのか正確にインプットされていたようです」(丸山昭)

 マンガを描くスピードも神がかっていた。「ブラック・ジャック」18ページを、アイデアから20時間で仕上げてしまったこともある。

次ページ:「原稿なんて要らねえよ!」

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]