乃木坂「西野七瀬」卒業で争奪戦スタート 女優進出で“前田・大島化”懸念も勝機あり?

芸能2018年11月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 年内をもって乃木坂46を卒業する西野七瀬(24)に、早くも事務所による争奪戦が勃発。本格的に女優業に乗り出すと目されている。

 ***

 総選挙のあるAKB勢と違い、坂道には明確な人気順位はない。しかしながらメディアその他で西野が紹介される際には“絶対的エース”と呼ばれることがあるから、グループの顔の一人であることは間違いないようだ。

 そんな彼女がブログに、

〈いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします。m(_ _)m〉

 と綴ったのは9月20日のことだった(※改行は省略)。唐突かつアッサリな卒業発表に、5月に週刊文春が報じた“2年前のお泊りデート”報道の影響を指摘する声もあったが、本人によれば〈卒業のことは実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして〉ということらしい。

 また卒業を発表したブログでは、〈一人になってからも、このお仕事は続けていきたい〉と芸能界を引退しないことも明言している。となると気になるのが、その後の所属だ。現在はグループメンバーが所属する「乃木坂46合同会社」に籍を置いている。

「卒業コンサートが年明けに予定されているので発表はまだ先になりそうですが、早くも芸能プロダクションの間での争奪戦は始まっています。ソロになって歌手に、というタイプではなさそうなので、方向としては女優というのが濃厚。『あさひなぐ』、『電影少女』で映画とドラマで主演に抜擢されて、キャリアもありますからね」(芸能関係者)

次ページ:「太田プロ」はない説

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]