積水ハウス地面師事件 高飛びの主犯格が弄んだ「錦糸町の金髪」の告白

社会週刊新潮 2018年11月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

55億円地面師事件の闇 逃亡の「主犯」が札束で弄んだ「錦糸町の金髪」(2/2)

 積水ハウスが55億円を騙し取られた地面師事件で、グループの主犯格・カミンスカス操こと小山操容疑者(58)はフィリピンへ逃亡をはかった。少なくとも10億円を手にしたとされる小山容疑者のカネの使い道は、錦糸町や浅草といった繁華街。JP錦糸町駅にほど近いインターナショナルクラブに在籍する26歳のポルトガル人ホステス、マリア(仮名)は、高飛び前の小山容疑者が最後に見初めた女である。小山容疑者と事件との関わりについて告げると、絶句したのち、「それ、初めて知ったよ……」「怖いね……。...

記事全文を読む