「メーテルの小池でございます」 2年越しに実現のハロウィン装

国内 政治

  • ブックマーク

 ギョッとする、という点ではハロウィンらしいか。10月28日、「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」のオープニングセレモニーに臨む小池百合子都知事、御年66歳である。

 参加は3度目で、代議士時代の2015年は魔法使いサリーに、知事就任直後の16年には「リボンの騎士」のサファイアに扮した。そして今年は徘徊するおばあさん、ではなく「銀河鉄道999」のメーテルに。もっともコレ、本来は昨年披露されるはずだった。

 都政担当記者が振り返るには、

「昨年は直前の衆院選で自身が率いる希望の党が惨敗。事前にメーテルを予告していたものの、コスプレどころではなくなり、ドタキャンとなりました」

 満を持してのメーテル。会場では「ウソだろぉ!」なんて声も聞こえたがウソではない。本人も「メーテルの小池でございます」とご満悦だ。

 鉄郎も途中下車を願い出そう。しかし出発したが最後、降りられないのは都民も同じ、である。

週刊新潮 2018年11月8日号掲載