宮司交代の靖国神社、背景に内部闘争か 創立150周年を控えてのゴタゴタ

社会週刊新潮 2018年11月1日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

不敬発言流出はクーデターという「靖国神社」神々の権力闘争(2/2)

「週刊ポスト」が報じた「不敬発言」によって、靖国神社のトップである小堀邦夫宮司(68)はその座を追われることとなった。会議で発した〈今上陛下は靖国神社を潰そうとしているんだよ。わかるか?〉などの言葉が問題視されたものだが、靖国神社関係者は、その背景の“クーデター”の存在について言及する。

 ***...

記事全文を読む