スマホ時代で「プリクラ」の落日、シール機大手が倒産、残る1社の生き残り戦略

エンタメ2018年11月4日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 総じて“プリクラ”と呼ばれるプリントシール機。元祖の「プリント倶楽部」が登場したのは1995年7月のこと。ブームを経て、すっかり定着したかに思えたが、ここへ来て業界大手のメイクソフトウェアが倒産。プリクラの最新事情を探る。

 ***

 コンピューターソフト開発のアトラス社が「プリント倶楽部」を誕生させたのは95年だが、当初からプリクラがヒットしたわけではなかったという。

「ブームのきっかけはSMAPでした。96年、彼らがテレ東でレギュラーを務めていた『愛ラブSMAP!』で、番組プレゼントとしてメンバーのプリクラをプレゼントしたことから、認知度が上がり、各社が参入。ちょうどコギャルブームと相まって火がついたんです。マイクロミニにルーズソックスのコギャルたちは、友人、知人の数を競い、何百枚ものプリクラを貼りつけたプリクラ帳を持ち歩きました」(業界関係者)

 現在、SNSで“いいね!”やフォロワーの数を競うのと同様だろう。

次ページ:プリクラ業界の栄枯盛衰

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]