創価学会員は大喜び!? 「橋本忍」追悼で映画「人間革命」がテレビ初放送

エンタメ2018年11月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年(2018年)7月19日に100歳で世を去った日本を代表する脚本家・橋本忍。

 処女作「羅生門」が黒澤明監督(1910~1998)によって1950年に映画化され、ヴェネチア国際映画祭でグランプリを受賞。以来、「ゼロの焦点」(61年:野村芳太郎監督[1919〜2005])、「日本のいちばん長い日」(67年:岡本喜八監督[1924〜2005])、「日本沈没」(73年:森谷司郎監督[1931〜1984])、「砂の器」(74年:野村芳太郎監督)、「八甲田山」(77年:森谷司郎監督)、「八つ墓村」(77年:野村芳太郎監督)……と名作、ヒット作、枚挙にいとまがないとはこのこと。...

記事全文を読む