「応援上映」「絶叫上映」… 参加型の映画鑑賞はなぜウケる?

映画2018年10月28日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日本の映画館の入場者数は2000年代に入り、ほぼ横ばいで推移している。にもかかわらず、新宿や池袋には新たにシネコンが建設され、スクリーン数は増えつつある。結果、1スクリーンあたりの入場者が大幅に減り、大資本以外の経営は間違いなく厳しくなるだろう。...

記事全文を読む