「安住紳一郎アナ」が系列局の若手を代打指名で波紋 TBS局内で囁かれる思惑とは

エンタメ 芸能 2018年10月26日掲載

  • ブックマーク

営業志望で入社の異色アナ

 福島暢啓との印象的な名前に「あの面白いアナウンサーね」と頷く人は関西在住だろう。毎日放送(MBS)に勤務する31歳。「ふくしま・のぶひろ」と読む。この若手アナを「関西で注目の逸材」とTBSの安住紳一郎アナ(45)が高く評価したことが、ちょっとした波紋を呼んでいるという。

 ***

 TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(毎週日曜:午前10時〜午前11時55分)は、関東のラジオ番組でも屈指の聴取率を誇る人気番組だ。しかし10月7日は、「福島暢啓の日曜天国」として放送された。

 先にタネを明かせば、安住アナが夏休みを取得。福島アナは“代打”を務めたのだ。しかし普通は、TBSのアナウンサーに頼むのが一般的だろう。もちろんMBSは「TBS系列局」ではあるが、異例中の異例であることは言うまでもない。

 9月23日の放送ではオープニングで、10月は安住アナが休みを取り、7日の放送は福島アナが担当することが告知された。そして“代打”を大阪のアナウンサーに依頼することをリスナーが「なぜという気持ちになるかもしれません」とした上で、福島アナを「大変優秀」、「逸材」と評価したのだ。

《筋でいきますとね、私が自分の会社の後輩にピンチヒッターを頼むべきなんでしょうけれども、ここはちょっと皆さんにぜひ関西ナンバーワン、将来性ナンバーワンと言われる、ちょっとね、大阪桐蔭の根尾くん的な(笑)、ちょっと先取りして聴いてみてはいかがでしょうかという、この私の計らいですよねえ。どうですか? ちょっと気になりますよね? 「おおっ!」って思いますよね》

 そして「自分のポジションを脅かしてこそ、真の代打」と力説。福島アナの面白さに、安住アナがレギュラーを奪われる可能性まで言及した。これほど褒められると、逆に福島アナはやりにくいのではないかと心配になるほどの持ち上げようだったのだ。

 福島アナの出身は宮崎市。京都の龍谷大学文学部に入学し、大学院に進む。出版社で辞書編纂に関わりたいとの夢もあったという。ラジオとテレビに深い愛着があったことなどからMBSを受験し、2011年に入社する。ちなみにエントリーシート(応募の履歴書)には営業志望と書いたそうだ。

 大学時代は落語研究会に所属。自身で落語やウクレレ漫談を披露しながら、大学の先輩と漫才コンビを結成。07年と09年の「M-1グランプリ」に挑戦して共に準決勝まで進んだという実績を残す。喋りに関してはセミプロだったのだ。

 しかも学生時代からNHKラジオの「ラジオ深夜便」(毎日:午後11時15分〜翌午前5時)を聞き込むほどのラジオフリーク。結果、昭和歌謡に博学な知識を持つに至る。

 こうした経歴をMBSは入社後に把握。新入社員に対する懇談会で担当者がアナウンサーへの異動を打診。これに福島アナは快諾するという珍しいプロセスを経て現在に至っている。

次ページ:アシスタントの中沢有美子アナも爆笑

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]