「今井絵理子」の“禁断の愛”の行方 「ハシケン」と過ごした誕生日ショット

政治週刊新潮 2018年10月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 9月24日。休日の昼下がり、1人の少年を伴って買い物を済ませた後、車へと戻る男性。楽しげに笑い合う男性と少年は、傍目には仲睦まじい父と子に見えただろう。だが実際は、2人の間に正式な親子関係はない。少なくとも、今はま
だ――。

 ***

 男性は、東京郊外の路上に停めたBMWの運転席に乗り込む。少年は迷わず後部座席へ向かった。なぜ後ろの席かというと、助手席が空いていなかったから。そこには少年の母親が座っていて、2人が買い物を終えて戻ってくるのを待っていたのだ。

 ハンドルを握る男と助手席に座る女は、夫婦ではない。ちなみにBMWの所有者は、助手席の女性のほう。街行く人は誰も、彼女が国会議員であることに気付いていない。そう、この女性はSPEEDのメンバーにして参議院議員の、今井絵理子氏なのである。

 では、今井議員の息子と連れ立って歩き、彼女の車をワガモノ顔で運転する男性は、いったい何者なのか。ニット帽とマスクで目元以外をすっぽり覆っているが、カンの良い読者ならもうお分かりだろう。昨年夏、今井議員との“新幹線手つなぎ不倫”で世を騒がせた元神戸市議、ハシケンこと橋本健氏(38)その人だ。

 ハシケンといえば、現職国会議員との不倫に続いて、政務活動費の架空請求まで発覚し、市議会議員を辞職。その後、詐欺罪で在宅起訴され、9月21日には神戸地裁において初公判を迎えたばかりの身だ。

 奇しくも初公判の翌日は、今井議員の35歳の誕生日。おまけにその日から世間は3連休とあって、さては愛する女性のバースデーを祝うべく、はるばる神戸からやってきたのだろうか。

 それにしても、世の中には連休中に働く人々もいる。この時期に限っては与野党のセンセイ方も、投開票を目前に控えた沖縄県知事選挙の票固めに精を出していたのである。沖縄出身の今井議員にしても、本来ならば都内で“刑事被告人”とドライブしている場合ではなかったはずだが……。