森保ジャパン「南野拓実」は香川真司の後継者となるか パナマ戦で強烈アピール

スポーツ 2018年10月13日掲載

  • ブックマーク

試合序盤はパナマが主導権

 森保ジャパン、2勝目――。下馬評通りの結果だったが、森保一監督は「ポイントを見れば攻撃も守備もまだまだクオリティーを上げていかないといけない」と、勝って兜の緒を締めた。サッカージャーナリスト・六川亨氏は「南野拓実と香川真司のライバル争いを見てみたい」とする。六川氏が寄稿された観戦記をお読みいただきたい。

 ***

 国際親善試合、キリンチャレンジ杯の日本対パナマ戦が10月12日に新潟県のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、監督就任2戦目の森保ジャパンが先月のコスタリカ戦に続き3-0の勝利を収めた。

 試合前日の会見だった。キャプテンを聞かれた森保一監督は「今回は吉田にやってもらおうと思っています。代表でもトップクラスの経験があり、世界のトップのリーグで戦っている。向上心を持ってピッチ内で全力を尽くすことと、周りとのコミュニケーションを取りながらやっているので決めた」と代表戦86試合出場の吉田麻也に決めたことを明かした。

 GKについての明言はなかったものの、東口順昭はかつて新潟でプレーしたし、今回は川島永嗣の1番を引き継いだ。この2人はスタメンに間違いはないと思ったところ、予想に反してGKは権田修一、DFは右から室屋成、冨安健洋、槙野智章、佐々木翔。ボランチは青山敏弘と三竿健斗で、両サイドのMFは右が伊東純也と原口元気、トップ下が南野拓実で1トップが大迫勇也という4-2-3-1の布陣だった。

 日本代表は16日にFIFAランク5位のウルグアイと対戦する。海外組の主力である長友佑都、吉田、酒井宏樹、柴崎岳らをベンチに温存したのは当然といえば当然の策だった。

 対するパナマのガリー・ステンペル監督も前日会見では時差ぼけや30時間近い長旅による疲労をあげ、「全員での練習ができていない。ベストの状態ではないのは事実」と弱気な発言を繰り返した。

 ところが試合が始まってみると、フィジカルの強さとスピードを生かしたパナマが主導権を握る。お互いにだまし合いの前日会見だった。それでも時間の経過とともに、日本は徐々に森保監督の狙いとする攻撃の形が出始める。

次ページ:南野のプレーは見事

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]