遺伝子操作で「がん」増殖を阻止 日本の研究チームが取り組む「ゲノム編集」とは

ドクター新潮 医療 がん

  • ブックマーク

 1960年代のSF映画「ミクロの決死圏」は、極小化された医師たちが、病に倒れたヒトの体内で治療に奮闘する世界を描いた。それから半世紀――。最先端のがん治療では、遺伝子レベルでの研究が進んでいる。

 ***...

記事全文を読む