2歳から床一筋「宮川紗江」選手が追い詰められた背景 18歳の決断

スポーツ週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 体操界に浮上したパワハラ“事件”の最大の被害者は言うまでもなく、宮川紗江選手(18)。「2年後」を目指し、競技に集中するべき時に、別の意味で、渦中の人となってしまったのだから。

「彼女が素晴らしい素材であることは間違いない」

 と言うのは、さる全国紙の運動部デスクである。...

記事全文を読む