“暴力”と“抱擁”で女性選手を支配した「速見コーチ」 二重契約、金銭トラブルも浮上

スポーツ週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 宮川紗江選手(18)をめぐる騒動の元凶は、速見佑斗コーチ(34)その人である。彼の暴力がなければ、そもそも「パワハラ騒動」など起きようがなかった。そこは動かしがたい事実である。

 その暴力が、いかに醜悪なものであったか。...

記事全文を読む