“指導でなく言葉の暴力” パワハラ被害「水球女子日本代表」父の憤り

スポーツ週刊新潮 2018年8月16・23日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 前回の2014年アジア大会で銀、18日開幕の今大会では金の期待がかかる水球女子日本代表。そのチームの主力選手がパワハラ被害を受けた(第三者委員会の調査では認定されず)。“加害者”は日本オリンピック委員会(JOC)から手当を貰っている指導者。本誌(「週刊新潮」)はその様子を収めた動画を入手した。...

記事全文を読む