「あいのり」でっぱりんが昼キャバで働いていた あのお相手とは「別れた」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

本気やなかった

 青い浴衣姿の「でっぱりん」は、いくつかの席を回っている。指名が入っているのだろう。カラオケもなかなかの腕前だ。近ごろ流行りの、DA PUMPの「U.S.A.」もマスター済。

 楽しんで働く彼女の態度を、客も店のスタッフも好ましく感じている様子がうかがえる。でも、いったいなぜここに? 彼女曰く、

「ウェブデザイナーを目指してたんやけど、ここの求人を見て、条件いいやんって思って。今年5月から働きはじめたんです」

 給料は全額日払い、週1日3時間から働ける。この場合、夜の蝶ならぬ、“昼の蝶”となるのか。ともあれ、歌舞伎町は3カ月ほどになる。源氏名で出ていても、「でっぱりん」と気づく人がたまにいるらしい。

 そうそう、カップルになった相手とは?

「もう別れた。あいつ、本命の彼女がおった。インスタにあがってて、知りました。でも最初から私も本気やなかったし、あいつも本気やなかったけん」

 こんなやりとりをしていても、タレント気どりの素人といった印象はまったく受けない。番組の「でっぱりん」そのままだ。

 さて、もうじき日が落ちようかというころ。彼女は、途端にふらふらしはじめた。スタッフから注意されてようやく座っている状態で、テーブルから落ちたグラスが自分の足元近くで割れても反応ナシ。全力で働いた結果に違いない。

 最後に、耳より情報をひとつ。10月から配信予定の「あいのり:Asian Journey」のシーズン2。「でっぱりん」は、ふたたびラブワゴンに乗っているはずだ。

週刊新潮 2018年9月6日号掲載

ワイド特集「人生の収支決算」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]