「みやぞん」トライアスロンは失敗の声 「24時間TV」のバラエティ化もかなり深刻

芸能2018年9月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いったい、なんのために走るのか――。

 8月25日から26日にかけ、今年も敢行された「24時間テレビ41『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)。なかでも恒例のチャリティーマラソンは、今回はANZEN漫才のみやぞん(33)による、「番組史上初」の“33時間”トライアスロンとなり、より過酷さがアップ。みやぞんは見事にゴールして見せたが、視聴者からも関係者からも「失敗」との声が多数を占めた。

 ***...

記事全文を読む