ビートたけしが育てたのは“たけし軍団”にあらず、ならば誰を育てた?

芸能2018年9月2日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ビートたけし(71)が自ら設立した「オフィス北野」から独立したのは今年(2018年)4月1日のこと。騒動はたけし本人から離れ、森昌行社長(65)VSたけし軍団という構図へと変わり、ようやくそれも鎮静化――したかと思えば、「たけしさんが育ての親」と言って憚らない俳優の寺島進(54)も年内でオフィス北野を離れることとなり、続いて、たけし軍団イチの稼ぎ頭「浅草キッド」解散説も飛び出した。業界では、事務所に残った軍団の終焉が囁かれているという――。

 ***...

記事全文を読む