枝野幸男、記者とのオフ懇で「AKB」熱唱 “翼はいらない”の真意は…

政治週刊新潮 2018年9月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 先の国会、内閣不信任案の趣旨説明で喋り続けること2時間43分。衆院最長記録を樹立した大演説が書籍化されて気をよくしたか。紅灯の巷でマイクを握る立憲民主党の枝野幸男代表(54)は、終始ご機嫌だった。

 8月も半ばを過ぎ、永田町は自民党総裁選一色だが、枝野サンは、野党仲間のお家騒動にハイテンション。...

記事全文を読む