いつまで「スポーツバカ」がトップをやるのか サラリーマン川淵三郎の体験が教える教訓

スポーツ2018年8月21日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「○○バカ」がトップでいいのか

 相撲協会や日本ボクシング連盟など、スポーツの競技団体を舞台にした問題が後を絶たない。その原因として多くの場合、トップや幹部らに一般常識が欠如していることが指摘されている。

 ではなぜ常識がないのか。そこで挙げられるのが一般社会人としての経験の有無だ。その競技で実績を上げた人物が団体に入り、そのまま年功序列や内部の力学で昇格していき、幹部やトップになる。するとどうしても、自分達の競技や団体の常識がすべてだと思ってしまうようになる。往々にして「○○バカ」と言われるのはこのタイプだろう。...

記事全文を読む