岡田准一、宮崎あおいとの「5億円新居」建築中 義母同居の“マスオさん”に?

芸能週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 イケメンアイドルが始める「マスオさん生活」とは、どのようなものか。岡田准一(37)は、現在妊娠中の宮崎あおい(32)とのマイホームを建築中。5億円は下らない豪邸だそうだが、そこに宮崎の母親を呼び寄せ、同居する予定だという。

 ***

 企業経営者や有名芸能人などが多く暮らす東京・世田谷区の高級住宅街で、新居の工事が始まったのは昨夏から。

「看板の建築主のところに、岡田さんの名前を見たときには少し驚きました」

 とは、近所の住民。

「その後、地鎮祭が行われ、岡田さん1人で隣近所に挨拶まわりをしていた。工事が始まると、オリーブが好きなのか、庭にオリーブの木を何本も植えていました。あそこは、もともとTBSの元社長の自宅があった場所。近くには、音響メーカーの創業者や大手建設会社の社長の家があったり、芸能人では八千草薫、ユーミンなどが住んでいます」

 2人の愛の巣は、富士山も望める高台に建てられる地上2階地下1階のログハウス調の邸宅だという。

 芸能記者によれば、

「設計したのは、隈研吾の弟子にあたる中村拓志という有名建築家です。土地は230坪以上あり、新居にかかる費用は5億円超。岡田は、そのために2億円のローンも組んでいる。完成予定は、10月だそうです」

次ページ:不倫関係

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]