「山口組」緊迫の夏 六代目の最後通牒は“本家へ復帰できるのは8月まで”

社会週刊新潮 2018年8月2日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 山口組「分裂劇」から間もなく3年。大規模な抗争に発展しないまま、時だけが経った感があるが、水面下での「切り崩し工作」が今、最終局面を迎えている。六代目側が設けた組員の「復帰期限」である8月末が迫る中、刻一刻と緊迫の度合いが増しているのだ――。...

記事全文を読む