異例の“7名同時”で波紋 弁護士100人は「オウム死刑執行」をどう見たか

社会2018年7月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 7月6日に行われた麻原彰晃(本名・松本智津夫)を含む7名と26日に行われた6名のオウム真理教元幹部の死刑執行によって、死刑制度の是非を問う議論は改めて熱を帯びてきている。上川陽子法相に“英断”の声が上がれば、人権団体はこれを非難。法律のプロたちはどう見たのか。

 法律にまつわるポータルサイト「弁護士ドットコム」は、最初の7名の死刑が執行された6日から14日にわたり、弁護士108名にアンケートを行った。回答は匿名だが、匿名ゆえに “ホンネ”もちらほらと……。...

記事全文を読む