夏休み前が要注意! 子どものいじめ被害に気づく「きっかけ」

社会2018年7月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いじめが原因の子どもの自殺が後を絶たない。文部科学省から発表された平成28年度のいじめの認知件数は32万件を超え、昭和60年度の調査開始以来、過去最多を記録。学校という身近な場所で起きているはずのいじめに、大人はどうして気づかないのか。そして、どうすれば最悪の事態を避けることができるのか。7月9日、長年教育問題を取材してきた岸田雪子さん(日本テレビ元報道局キャスター)がラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」にゲスト出演し、子どものいじめ被害に気づく「きっかけ」について語った。...

記事全文を読む