柴崎岳&真野恵里菜が結婚報道! 好きな人と一緒に暮らすことは自分を輝かせること 京大名誉教授が語る「結婚の意味」

エンタメ2018年7月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 サッカーW杯ロシア大会で活躍した日本代表の柴崎岳と女優の真野恵里菜が、今週中にも結婚すると、一部スポーツ紙が報じた。記事によれば、交際約1年半、既に双方の実家を訪れ、結婚のあいさつも済ませたという。
 
 17年から海外に拠点を移した柴崎は、現在スペイン1部・ヘタフェに所属。W杯では華麗なパスセンスを発揮し、ベルギー戦では原口の先制点をアシストするなど大活躍。4年後のカタール大会での、さらなる飛躍が期待されている。
 一方、真野は13年に「ハロー!プロジェクト」を卒業し、女優に転身。「逃げるは恥だが役に立つ」など、話題作に出演している。

 生涯の伴侶を得た2人。永田和宏京大名誉教授(細胞生物学)は、新著『知の体力』の中で、自身の経験も踏まえながら、伴侶を得ることの意味を次のように語っている。

 永田氏の若い人に向けてのメッセージだが、すでに結婚している人の心にも響く文章だ。その部分をそのまま引用してみよう。

 ***

伴侶となるべき存在

 先に私は、相手の対応によって、自分が全開できることもあれば、逆に見る影もなく萎んでしまうこともあることを書いた。できれば、自分の可能性を開いてくれる存在と向かい合いたいものである。そんな自分をもっとも素晴らしい存在と思わせてくれる存在こそが、愛する相手であってほしい。

 一緒にいたいと思う心情は、単に相手が美しいとか、頼りになる逞しさをもっているからといったものではないだろう。愛情の第一歩は、一緒にいるのが楽しい、一緒にいることそのものが大切な時間として意識できる、そんな単純な感情であろう。それはそのままでいいのだが、もう一つ、一緒にいることによって、自分のいい面がどんどん出てくると感じられる相手こそが、ほんとうの意味での伴侶となるべき存在なのだと、私は思っている。

 一緒にいると、どうしてもその人間の欠点ばかりが見えてくるという人は確かにいるものだ。あるいは相手の欠点ではなく、一緒にいるとどうにも自分の嫌な部分・側面が見えてしまう、そんな相手もあるものだ。そんな存在とは、一緒にならないほうがいい。一緒にいると相手のいい面に気づく、そのいい面に気づく自分がうれしく感じられる。その人と話していると、どんどん自分が開いていく気がする。お互いにそんな存在として相手を感じられるような関係こそが、たぶん伴侶と呼ぶにふさわしい存在なのに違いない。

 どんな大学に入学しても、どんな賞を獲得しても、どんな大会に優勝しても、どんな素晴らしい成功を収めても、心から喜んでくれる人がいなければなんの意味も持たないのとちょうど逆に、ほんのちょっとした自分の行為を心から褒めてくれる存在があるとき、自分がそれまでの自分とは違った輝きに包まれているのを感じることができる。

 私はこの文章を、若い人たちを念頭において書いてきているが、ぜひそんな一人に出会うことによって、それ以前には自覚できていなかった「輝いている自分」に出会ってほしいと願っている。心から愛することのできる人を得ることは、すなわち自分のもっともいい部分を発見することなのである。

 愛する人を失ったとき、失恋でも、死による別れでも、それが痛切な痛みとして堪えるのは、愛の対象を失ったからだけではなく、その相手の前で輝いていた自分を失ったからなのでもある。私は2010年に、40年連れ添った妻を失った。彼女の前で自分がどんなに自然に無邪気に輝いていたかを、今ごろになって痛切に感じている。

デイリー新潮編集部