信者の目に「麻原彰晃」はどう映ったか? オウム“オフィシャル”ショット集

国内2018年7月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「恋は盲目」というけれど、信者の目に映る教祖の姿もそれに近いものだったのかもしれない。7月6日に死刑が執行された、オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)である。

 にわかには信じがたい行動を数多く見せた教団だが、なかでも“麻原グッズ”を求めた姿は忘れがたい。“麻原がパワーを込めた水”なんてものは序の口。麻原が入った風呂の残り湯「ミラクルポンド」は料理などに用いられ、当時200mlが2万円で売られたとされる。

 その他、麻原の爪を文字通り“煎じて飲み”、髭や髪の毛もやっぱり煎じて飲んだ。...

記事全文を読む