「麻原彰晃」はいかにして「超高学歴信者」を心服させたか “ASC”でコントロール

社会週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「麻原彰晃」はいかにして「超高学歴信者」を心服させたか(1)

 7月6日、オウム真理教の元代表・麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚ら7人に、死刑が執行された。死刑が執行されたのは、松本死刑囚の他に、早川紀代秀死刑囚、井上嘉浩死刑囚、新実智光死刑囚、土谷正実死刑囚、中川智正死刑囚、遠藤誠一死刑囚だ。
オウム真理教の一連の事件では、27人が亡くなっている。中でも1995年に東京の地下鉄に神経ガス「サリン」をまき、13人の死亡者と数千人の負傷者を出した未曽有のテロ攻撃は、日本中を震撼させた。

 1989年の坂本堤弁護士一家殺害事件、1994年に長野県松本で住民7人が死亡した松本サリン事件、1995年の東京地下鉄サリン事件など、一連のオウム真理教事件で、松本死刑囚を含め13人の死刑が確定していた。...

記事全文を読む