「紀州のドン・ファン」が幼妻に募らせていた不満 ブラックカードで散財、“財産目当て”宣言も

社会週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

22歳「幼妻」は「ドン・ファン」から離婚を切り出されていた(下)

 急死の1週間前、22歳の幼妻・Sさんは、生前「紀州のドン・ファン」から離婚を切り出されていた――。野崎幸助氏(享年77)とSさんが結婚したのは今年2月のことだったが、早々から野崎氏は“家事をまったくせえへん”と知人に溢(こぼ)していたという。野崎氏が離婚に傾いた理由は何だったのか。

 ***...

記事全文を読む