2番目の妻に未練タラタラだった「紀州のドン・ファン」 幼妻に告げていた“離婚する”

社会週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

22歳「幼妻」は「ドン・ファン」から離婚を切り出されていた(上)

「紀州のドン・ファン」は、幼妻とラブラブの生活を送っていたのではなかったのか。結婚早々から不満を募らせ、急死する1週間ほど前には、ついに離婚の二文字を突き付けていたという。果たして、夫婦関係の破綻は怪死事件のミステリーを解くカギになるのか。

 ***...

記事全文を読む