怪死「紀州のドン・ファン」幼妻の素顔 結婚を知らなかった実母、“企画女優”の過去

社会週刊新潮 2018年6月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「55歳差」の壁を乗り越えて結ばれた矢先に夫が怪死。悲劇の只中にある妻のSさん(22)は「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)との邂逅を果たすまで、一体いかなる人生を辿ってきたのであろうか――。

 悲劇の幼妻、Sさんのルーツを探ると、出身地は北海道札幌市。5人家族で、医療関係の仕事に従事する両親、3つ年上の姉と2つ年下の弟がいる。...

記事全文を読む