人気急上昇、「大学附属校」という選択 狭き門になった「早慶」「MARCH」を突破する方法

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

地方創生が狭き門にした「早慶」「MARCH」を突破する法(上)

 今春の大学入試は受験生の涙がひときわ目立った。早慶に入れない、MARCHに入れない、日東駒専に入れない。私大文系の志望者が軒並み、狭められた間口に阻まれたのだが、その原因は“地方創生”。「都心部に多い私立大学の間口を絞り込み、少しでも地方に学生を流したい、という意図があります」(教育ジャーナリストの後藤健夫氏)

“あわよくば早慶、悪くてもMARCHのどこかに引っかかる”はずの生徒が、MARCHにも合格できなかった……そんなケースが増えているというのだ。では、どうすれば狭められた間口を突破できるのか、実践的に探っていく。...

記事全文を読む