新潟県知事選は「安倍カラー」極力控えめに 自民の苦境

政治週刊新潮 2018年6月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“解散総選挙の分水嶺”とも言われる新潟県知事選(今月10日投開票)が接戦だ。

 自公が支持する元副知事の花角(はなずみ)英世候補(60)と、立民・共産などの野党6党派が推薦する前県議の池田千賀子候補(57)が互角の戦いを展開している。...

記事全文を読む