財務省の不祥事、麻生大臣の責任はどこにあるのか

国内2018年6月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 財務省の一連の不祥事に関連して、麻生太郎大臣の取るべき「責任」についての攻防、議論が続いている。

「他の人の大臣時代の事ならともかく、自身がトップに立っている時の不祥事である以上は、責任を取って辞めるべきだ」――これは野党に代表される批判派のロジック。

「悪いのは官僚で、麻生さんは被害者。部下の不始末で大臣のクビを切ることを認めれば官僚側のクーデターに悪用される可能性だってある」――これは麻生大臣を擁護する立場のロジック。

 メディアや野党から総攻撃に遭っている麻生大臣からすれば、「セクハラだろうが、文書改竄だろうが、俺が指示したことじゃねえよ」と言いたいところかもしれない。...

記事全文を読む