選手を殴り合わせ、自主性を奪い… 日大「内田監督」の“洗脳”指導

社会週刊新潮 2018年6月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 洗脳とは、主義や思想を繰り返し吹き込み、それ以外の考え方を捨てさせることだ。宮川泰介選手によるタックルを見たアメフト経験者はおしなべて、「あいつ、ルール知ってんのか?」と目を疑ったという。選手を殴り合わせ、自主性を奪う。“ルール無視タックル”以外の考え方を捨てさせ、永久追放となった内田流指導とは。...

記事全文を読む