日大アメフト騒動の内幕 「内田前監督」を守った常務理事会、遅すぎる対応の後手後手

社会週刊新潮 2018年5月31日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 10年に1度くらいの間隔で戦争なり戦闘行動に出るアメリカにあって、アメフトはいわば戦争の代わりとして楽しまれているスポーツである。事実、

「残念なことに、相手をぶっ壊すとか、暴力的な表現はよく使いますし、本気でケガをさせようとし、その力を見せつけようとする選手もいる。アメフトはプチ戦争です」...

記事全文を読む