TBS「安住紳一郎アナ」がラジオ生放送中に嗚咽 故・川田亜子アナへの心情を吐露

エンタメ 芸能 2018年5月28日掲載

  • ブックマーク

何度も声を詰まらせ、嗚咽

 さる放送関係者は視聴中、「放送事故が起きたのか!?」と息を呑んだという。異変はTBSの安住紳一郎アナウンサー(44)の冠番組「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ/毎週日曜)で起きた。

 ***

 5月27日の日曜、番組はいつものように午前10時にオンエア。初放送は2005年4月だから、長寿番組と形容しても問題ないだろう。ラジオ界きっての高聴取率番組としても知られる。この日もオープニングの安定感と面白さは傑出していた。

 安住アナはオリコンの「好きなアナウンサーランキング」で殿堂入りを果たしたほどの人気だ。しかし、この番組はアシスタントの中澤有美子フリーアナ(43)のファンも多い。2人は抜群のテンポで、気温や天気、交通情報を伝え、安住アナは最初のネタである「猫のケンカ」に入っていく。

 放送開始から8分が過ぎると、この日のメッセージテーマ「ずるい話」を告知。既に送られたリスナーからの投稿を紹介し、手際よくトークを膨らませていく。中澤アナとのキャッチボールも聴いていて心地いい。

 16分が過ぎると、「職場でのお菓子の分け方」に関する投稿メッセージを読み、トークも一段落。すると安住アナは「私も放送局で仕事をしてから、とても好きなエピソードがあるんですが」と切り出した。

次ページ:「煎餅ネタ」でスタジオは爆笑

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]