若い人は一度、「落ちこぼれ」を経験せよ 京大名誉教授からのアドバイス

社会2018年5月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ゴールデンウイークのあと、7月まで祭日がないことを憂鬱に思うのは自然な感情だろう。その程度ならば問題ないが、もう少し深刻な憂鬱を抱えてしまって、五月病になる人もいる。

 4月からの新学期には張り切っていた緊張の糸が、1カ月ほどで切れてしまい、学校に行く足が遠のいてしまう……そんな症状が大学生を襲うのもこの時期だ。
...

記事全文を読む